自己紹介| カメラ・機材の紹介

ネーム 関 浩治 <kose(コセ)>
生まれ/出身 1962年生まれ/大阪府出身/京都府在住
血液型
略歴  1990年頃より、滋賀県琵琶湖、京都、奈良、三重など近畿を中心とした風景を撮影。
 2000年11月、「kose gallery-光の風景&壁紙-」を開設。 テレビ、雑誌などのメディアでも紹介される。
 2006年9月、初めての写真集「光の風景-ココロとコラボ-」を出版。全国書店・オンライン書店で販売。

写真以外に
こんなことも・・・
☆アコースティックギター 
 昔、シンガーソングライターを夢見たこともあったような・・・。
 「モーリス持てばスーパースターも夢じゃない」のフレーズが懐かしい「モーリスギター」を初めて手にしたのは20年以上前。
学生時代には、他校の学園祭などでワンマンライブなどもあり。 当時よく弾いたコピー曲は、さだまさし、長渕剛、サイモン&ガーファンクルなど・・・
最近になってヘッドウェイのカスタムモデル、HF-528を購入。 純国産のハンドメイドギターで、現在までに作られた本数は33本とのこと。 「サスティーンの効いた艶やかな音が箱鳴りしながら体に響く・・・」っていう感じで、で鳴ってくれる。


youtubeにて・・・歌ってみました♪♪

風に吹かれて(Blowin' In The Wind)
ボブ・ディラン cover



Scarborough Fair スカボロー・フェア/
サイモン&ガーファンクルcover(カバー)




☆合気道
 学生の頃、大阪梅田の阪急ファイブ(現:ヘップファイブ)に道場があって、4年間通い、二段を取得。 
 2006年7月から、約20年ぶりに道場で稽古を再開!
 2010年11月に、三段を取得し、「合気会国際有段者証」もいただいた。




☆コーヒー
 京都三条河原町にある六曜社地下店の深煎りブレンド豆がおすすめ。 表面が艶っぽくなった深煎りの豆で、酸味を抑えた味わいがいい。
 独特のコクがあってお好みなのはマンデリン。
 数年前から使っているミルは、「業務用ミルの小型版」とも言われている、「カリタ製ナイスカットミル」で、インテリアとしてもgood!



☆ジャズ
 深夜のリスニングはこれに限る。
 テナーサックスの響きがたまらないジョン・コルトレーンの「バラッド」や、ピアノジャズがとてもヒーリングなビル・エヴァンスの「ワルツ・フォー・デヴィー」などは、オススメの名盤。
 バラード中心のオムニバスアルバムなども、難しい理由など抜きにして、ココロと体に心地よい。


☆美術展鑑賞
 ここ数年、印象派などの美術展鑑賞も楽しみとなった。風景写真とはいろんな意味で共通点を見いだすことができる。
 最近は、ワシントン・ナショナルギャラリー展を訪れたが、2時間くらいはあっという間に経ってしまう。
 好きな画家は、コロー。 木々を描いた作品の視点が素晴らしい。




kose gallery-光の風景&壁紙-
[HOME]

Copyright(C) kose. All Rights Reserved.